×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハチミツ山田養蜂場とはちみつ

ハチミツ山田養蜂場(やまだようほうじょう)は岡山県鏡野町に本社を置くはちみつ・ローヤルゼリー・プロポリスなどミツバチ産品を扱う通信販売業の最大手企業である。ハチミツ山田養蜂場の創業の精神は ”社会の人々の健康を守るために”とされているが、この企業精神が生まれるのに様々ないきさつがあったようだ。50年近くハチミツ山田養蜂場はこの”社会の人々の健康を守るために”という精神をはちみつ・ローヤルゼリー・プロポリスなどの質の高い商品を提供することによって淡々と示してきている。このハチミツ山田養蜂場がローヤルゼリーを生産販売するきっかけとなったのは、昭和35年に創業者である現会長の娘が、先天性の心臓障害を持って生まれてきたことでした。




>>はちみつ・ローヤルゼリー・プロポリス配合の商品を楽天ショップで新着チェック★

ハチミツ山田養蜂場とローヤルゼリー開発秘話

ハチミツ山田養蜂場創業者の娘の専門の医者は、ハチミツ山田養蜂場創業者の娘はよくても成人まで生きることは無理であろうと診断し、体力がついたころに外科手術を受けることを勧めました。生後間もなく判明した娘の難病を知ったハチミツ山田養蜂場会長は、「何とか元気に育てて、心臓の手術をさせたい」と決意し、父親としてあらゆる手を尽くしました。これは人の親であれば誰でも理解できる感情と行動ではないだろうか。ハチミツ山田養蜂場創業者は一人の娘の父として、娘を助けようとやっきになったのである。おりしもその当時、ローマ法王ピウス(ピオ)12世がローヤルゼリーの投与により危篤の床から奇跡的な回復を遂げたというニュースが世界中をかけめぐり、日本にも伝わってきました。

ハチミツ山田養蜂場の心意気

ハチミツ山田養蜂場会長は、そのローマ法王ピウス(ピオ)12世がローヤルゼリーの投与により危篤の床から奇跡的な回復を遂げたというニュース聞き、ハチミツ山田養蜂場の飼育するミツバチが不思議な秘薬であるローヤルゼリーという物質を生産できることを知りました。ハチミツ山田養蜂場会長は、「このローヤルゼリーは、もしかすると娘の命を救うことができるかもしれない」と、その日以来ハチミツ山田養蜂場にてさまざまな文献を取り寄せて研究を重ねました。そして、ハチミツ山田養蜂場は独自にローヤルゼリーを大量生産する技術を習得するに至ったのです。これは企業としての利益追求のみのための研究ではなく、娘の命そしてハチミツ山田養蜂場会長の娘と同じように苦しんでいる人を一人でも多く助けることができればというハチミツ山田養蜂場会長の想いが産んだ技術・製品であると考察できる。

Copyright © 2008-2009 ハチミツ山田養蜂場の心意気とはちみつ・ローヤルゼリー・プロポリス

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。